有力馬の次走情報を中心に競馬NEWSを日々伝えるブログ(^ー^)

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■脚部不安により春競馬を全休することになったダイワスカーレット(牝4/栗東・松田国英厩舎)は、その後の検査の結果で「左前管骨外側骨瘤」と診断された。
 復帰戦は、11月2日天皇賞・秋(東京芝2000m)もしくは11月16日エリザベス女王杯(京都芝2200m)とし、12月28日有馬記念(中山芝2500m)を目指す予定。

HOMEへ(PC版のみ)

※骨瘤とは・・・
 細菌感染もしくは調教や競走時における運動負荷により炎症を起こした骨がコブ状に硬く隆起する病気。
 治療は主に、冷却、冷湿布およびレーザー照射が行われる。

 ・管骨瘤=管骨(第3中手骨、第3中足骨)に生じる骨瘤。

※故障部位については「JRA競走馬総合研究所」馬の骨格ページ(PC版のみ)をご覧ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://umayume.blog8.fc2.com/tb.php/503-c793917a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。