有力馬の次走情報を中心に競馬NEWSを日々伝えるブログ(^ー^)

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■3月2日中山記念を引退レースとしていたディアデラノビア(牝6/栗東・角居勝彦厩舎)が27日、右後肢フレグモーネを発症したため中山記念を断念、このまま引退することとなった。
 幸い症状は軽く、今後は繁殖入りする予定。
 通算成績25戦5勝(海外2戦0勝/重賞3勝)。
 主な勝ち鞍:05年フローラS、07年京都牝馬S、愛知杯。

※フレグモーネとは・・・
■傷口から細菌が入ることによって起こる急性の皮下組織の化膿性。
 四肢に多発するが、腹部、頭部、頸部、肩部などにも発生することがある。
 創傷の大小に関係なくきわめて微小な刺傷や擦過傷から細菌が侵入するため、侵入部位は不明であることが多い。

 症状の進行が速く傷口を中心に腫れ、熱と傷みを伴うことが多いが、そのほとんどが2?3日で腫れが引く。

ikeikeモードで競馬をよみとくKEYWORD (ARIA‘DNE ENTERTAINMENT)
競馬用語をくまなく網羅している一冊。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://umayume.blog8.fc2.com/tb.php/251-e70c6023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。