有力馬の次走情報を中心に競馬NEWSを日々伝えるブログ(^ー^)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇高松宮記念
=傾向[過去5年]=

<優勝馬>5勝以上、前走3番人気以内

<阪急杯組>阪急杯5着以内、当日4番人気以内に支持

<人気薄>外枠、連勝経験あり、重賞優勝歴、マイルG1戦3着以内歴、中京芝経験

=注目馬=
・マルカフェニックス
 休み明けから3連勝後、初重賞となった阪急杯では5着に食い込むレースをするも降着に。
 前でも後ろからでも競馬ができる自在性は混戦で生きてくる。 

・フサイチリシャール
 忘れられたGI馬。
 今回はチークピーシーズ着用で一変の可能性も残されている。

・スズカフェニックス
 前年高松宮記念、スプリンターズSの両レースへ出走した馬の優勝なく、
 内枠や乗り替りなど不安点が多い。
 しかし、前走斤量59キロでローレルゲレイロに迫る2着は実力の証。
  
※掲示板で予想中の複勝予想指名馬はプリサイスマシーンです。

HOMEへ(PC版のみ)
スポンサーサイト
◇スプリングS
=傾向[過去5年]=

<人気馬>前走重賞勝ち+2走前1着+年明け緒戦でない人気馬は信頼大

<好走馬戦歴>芝1800m以上出走歴、重賞連対歴、着外ゼロ

<人気薄>キャリア3戦以上2勝以上、500万を勝利して間もない関東馬、ダート実績馬

=注目馬=
・ショウナンアルバ
 前々走の若竹賞を逃げ切り、共同通信杯では3,4番手追走からの勝利と自在な競馬を見せている。
 成績も【3100】とここでは圧倒的な戦跡。好調なウォーエンブレム産駒も強調材料。
 ちなみに、共同通信杯勝ち馬は過去パーフェクト連対中。
 
・スマイルジャック
 常に崩れることなく5戦全て0.3秒以内という堅実な走り。
 折り合いなどに問題あるが、走りのセンス良さで重賞初制覇も目前。

・シンワラヴ
 人気薄の条件は満たしているが右回り経験なしが不安点。
 ダート戦で生かしたパワーと先行力、後藤騎手への乗り替りで注目。

HOMEへ(PC版のみ)

【PR】07年NHKマイルCで1着ピンクカメオを軸馬に指名した馬券本!
08年度版になって再登場!!

◇弥生賞
=傾向[過去5年]=
<人気馬>
 1番人気3連勝中、過去10年でも1,2番人気が優勝しなかった年は1度だけ。

<近走>
 前走1着、2走前も連対していた連続連対中の馬が5年連続優勝。
 また、キャリア3戦以上なら3走前も連対していた。

<好走馬戦歴>
 芝1800m以上経験、連対率50%以上、着外ゼロ、重賞連対歴。

<馬番>
 7番が3年連続3着。

<厩舎>
 松田博資厩舎が3年連続連対中。

=注目馬=
・マイネルチャールズ
 安定性で主役は間違いなさそう。
 中山芝2000m【2100】と相性よく馬群割る勝負根性と展開に左右されない強みがある。

・ブラックシェル
 前走負けたものの武豊騎手は弥生賞での実績は文句なし。
 毎年のようにクラシック戦線を騒がせる金子氏所有馬という点も気になる。
 入れ込みとゲート難が課題。

・アインラクス
 重賞未経験も2連勝中でレース運びが上手い。ディープインパクトの甥という血統にも期待。

・フサイチアソート
 休み明けが気になるものの2戦2勝+重賞勝ちは魅力。
 東京しか経験がないことがどうでるか。

HOMEへ(PC版のみ)

【PR】
探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

◇中山記念
=傾向[過去5年]=

<配当>過去3年は4番人気、6番人気馬(2回)が1着と善戦。

<人気>
 人気薄はダートからの参戦もしくは東京新聞杯からの参戦馬多し。

<近走>
 近2走東京芝で斤量58キロ以上経験馬、
 昨年天皇賞秋へ出走もしくは近走でG3戦連対歴。

<好走馬戦歴>
 G1戦3着以内、芝1600?2000m重賞連対、中山芝連対、芝1800m勝利。

<馬番>
 2番が4回、1番が3回と馬券に絡んでおり最内枠馬に注意か。

<騎手>
 04年以外は後藤騎手、田中勝騎手が勝利しているが、1番人気でも敗れている。

=注目馬=
・カンパニー
 昨年秋、天皇賞秋3着、マイルCS5着とG1戦でその力は示してきた。横山典騎手への乗り替りで勝利なるか。
 ※PC版複勝予想ではこの馬が複勝候補。

・リキッドノーツ
 中山芝【3,4,1,1】と相性抜群。鞍上は田中勝春騎手で注目。

・コンゴウリキシオー
 芝1800m【3,0,0,1】。安田記念2着、G2戦2勝、G3戦1勝と実績は十分。

・エアシェイディ
 AJCCで本格化。昨年このレース2着、近走2,2,1着と安定。今回は後藤騎手騎乗も心強い。

【おすすめ】
07年GI戦馬柱付きは前年を振り返る際に便利。
傾向や消しのポイントなど簡潔にまとめられており、1年を通して使える重宝な一冊!
中央競馬重賞競走データBOOK 2008年度版 (2008) (にちぶんMOOK)
■京都記念・予想■
<変更からの読み>
 AJCCは規定変更で負担が減る恩恵を受けた馬のワンツー。
 今回もその線で攻めると
 トウショウナイト
 ドリームパスポート
 シルクフェイマス
 アイポッパー
 トウカイトリック
 ウオッカ

 増量された馬は、
 アドマイヤオーラ
 この関係がどう影響するのか?

<SD指数>
1[161]アドマイヤオーラ
2[141]ウオッカ
3[138]アドマイヤフジ
4[126]トウカイトリック
5[108]ダークメッセージ
6[107]ドリームパスポート
7[91]トウカイエリート

 ウォッカ、アドマイヤオーラの指数が人気とは逆転。
 この場合、アドマイヤオーラの方が有利。

◎10番アドマイヤオーラ
○15番トウカイトリック
▲5番ドリームパスポート
△11番アイポッパー
△12番トウカイエリート
△16番ウォッカ

◎→流し

■クイーンC・予想[簡略]■
 前走牡馬相手に4着となったリトルアマポーラ。
 連対馬の多くは1400m戦連対経験があったことから、
 ラルケット、スワンキーポーチ、エフティマイア、マイネブリッツ、マイネウインク。

◎6番リトルアマポーラ
○10番ラルケット
▲12番スワンキーポーチ
△13番エフティマイア
△9番マイネブリッツ
△14番マイネウインク

◎→流し
◇フェブラリーS
=傾向[過去5年]=
<配当>00年以降1,2着はすべて5番人気以内で決着
      3着に人気薄が飛び込んでの波乱が多い

<人気>着外1回までの1番人気なら信頼大

<近走>05年以外は前2走内でジャパンCダートか東京大賞典を使われた馬がワンツー
      それ以外は連続連対中の馬に注意

<好走馬戦歴>ダート重賞勝ち、東京ダート戦勝ち、前3走内に重賞連対

<連対率>ダート連対率50%以上

<騎手>ペリエ騎手は8回騎乗2勝2着3回の好成績。

=注目馬=
・ヴァーミリアン
 ダート全成績【8104】、ジャパンCダートのレコード勝ちはポイントが高い。

・ワイルドワンダー
 根岸S圧勝、ダート1600m【2100】と東京ダート【4101】と安定感抜群。

・フィールドルージュ
 出遅れ癖あったが、昨年秋には精神的にも成長。
 ジャパンCダートではヴァーミリアンに迫る2着と健闘した。

・ロングプライド
 ペリエ騎手騎乗で注目。前走は出遅れと敗因もはっきりしており、当日折り合えば好戦。
◇きさらぎ賞
=傾向[過去5年]=

<平均配当>単勝640円、馬連1320円、馬単2690円

<人気>1番人気、2番人気馬どちらかが連対、6番人気以内で決着

<好走馬戦歴>キャリア2?8戦、2勝以上、着外なし、前走5着以内、芝1800m以上経験

<連対率>60%以上

<斤量>57キロ馬が2着4回と堅実

=注目馬=
・ブラックシェル
 初コンビとなる武豊騎手は同レース(京都芝1800mでも)好成績。
 1週前追い切りでは騎乗した武豊騎手が「乗りやすく本当にいい馬」とコメント。

・レッツゴーキリシマ
 6戦して着外なしと安定、斤量57キロで出走も注目。
 初の1800mは折り合いがカギとなりそう。

・アルカザン
 キャリア2戦だが新馬→京都2歳Sと2連勝で挑んでくる勢いは侮れない。
 昆調教師は「2戦ともスムーズさを欠きながら勝っている。それだけ精神力も根性もいい」とコメント。
<血統、騎手、調教師から>
 ブライアンズタイム、柴田善騎手、加藤征師は東京D1400m活躍
 トーセンブライト

<オッズによる分析>
 連対予想馬 
 5/11,6,13/1

<SD指数>[昔から愛用している指数]
※()内、12時時点の単勝人気

1.148-マイネルスケルツィ(2)
2.142-シンボリグラン(8)
3.141-リミットレスビッド(11)
4.134-トーセンブライト(7)
5.131-ワイルドワンダー(1)
6.119-トラストジュゲム(10)
7.114-アドマイヤスバル(3)

・最終予想
◎タイセイアトム
○アドマイヤスバル
▲リミットレスビッド
△トウショウギア
△トーセンブライト
△ノボトゥルー

◎○▲BOX ◎→△流し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。