有力馬の次走情報を中心に競馬NEWSを日々伝えるブログ(^ー^)

2001/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312001/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★天皇賞・秋
1着ウォッカ
武豊
位置()
「僕自身も勝ったかどうかわかりませんでした。ウォッカのおかげで勝つことができました。『ありがとう』しかないです。彼女に感謝しています」
※ゴール前、ウォッカとダイワスカレットの大激戦!写真判定15分、歴史に残る名勝負。
3F-35.2
R1.57.2
 ハナ
2.ダイワスカーレット
3.ディープスカイ
4.カンパニー
5.エアシェイディ

6.サクラメガワンダー
7.オースミグラスワン
8.アサクサキングス
9.キングストレイル
10.ドリームジャーニー
11.アドマイヤフジ
12.アドマイヤモナーク
13.エリモハリアー
14.ポップロック
15.ハイアーゲーム
16.トーセンキャプテン
17.タスカータソルテ

-単
14/270
-馬連
7-14/550
-馬単
14-7/1,050
-3連複
2-7-14/710
-3連単
14-7-2/3,250

HOMEへ(PC版のみ)
スポンサーサイト
1着スリープレスナイト
▼上村騎手
「本当にやっとの思いでGI獲れました。もう最高です。(1番人気に支持されたことが)気持ちの良いプレッシャーだったので、それを・・・ん・・・いい意味で幸せに感じるようにとらえました。
 僕が思い描いていたようなレースだったんで、後はこの馬を信じるだけでした。無我夢中で追ったんで、ゴール板の手前で無意識に(ガッツポーズが)出てしまった、もう少し格好いいガッツポーズをすれば良かったなと。
 僕が自分の手で(橋口先生に)誕生日のプレゼントを渡したかったんで、本当にいい結果が出て幸せです。
 長い間かかりましたけれども本当にこの馬でG1を獲れて良かったです。応援してくれた皆さん本当にありがとうございました」

▼橋口調教師
「好発切って安心した位置で進めてくれました。(4コーナーを回って)あの手応えならバテることはないだろうと思っていましたから、まぁ頭に描いた通りでしたね。
 1番人気に推されてみんなの注目度が高かったので、嬉しさもそうですがホッとしたという心境が大きいですね。
 上村君が勝ったと言うのがいいですね。目の病気で騎手生命も危ぶまれ、手術も4回もした男ですから、彼が泣くのはわかりますよ」

2着キンシャサノキセキ
▼岩田騎手
「外枠だったので道中は無理をせず自分のレースをしました。この馬の力を出せたけどスリープレスナイトに並びかけたらスッと行かれてしまった」

3着ビービーガルダン
▼安藤勝騎手
「4コーナーの手前で反応がいまいちになって気を抜く素振りをみてしまった。その分、追ってからよく伸びたが急にペースが上がってからついて行けなかった。それでも初めてのG1挑戦でよく頑張ってくれた」

4着スズカフェニックス
▼横山典騎手
「ゲートの中で相変わらずテンションは高かったですけど今日はちゃんと出てくれた。状態はまだまだの印象なので逆にこの先の上積みが見込めると思います」

7着カノヤザクラ
▼小牧騎手
「スタートは五分に出たんだけど両サイドから入られて狭くなってポジションが後になってしまった。そこでペースも落ち着いてしまったからねぇ。ただ馬自体の成長は感じられました」

10着ファイングレイン
▼幸騎手
「ポジションを取りに行った分、今日は終いに追いを欠いてしまった。やっぱりじっくり溜めて乗った方が良いのかもしれない。坂や中山のコースは大丈夫でした」

HOMEへ(PC版のみ)
■スプリンターズステークス・スリープレスナイト■
○スリープレスナイト(牝4/栗東・橋口弘次郎厩舎/父クロフネ/叔母ヒシアマゾン/近親アドマイヤムーン)。
○G1戦初制覇、通算成績16戦9勝(重賞3勝=08年CBC賞、北九州記念)。
○上村洋行騎手=92年デビュー以来、17年目・G1戦40戦のJRA・G1初制覇。北九州記念(スリープレスナイト)に続く今年3勝目(通算8勝目)。
○橋口弘次郎調教師=06年NHKマイルC(ロジック)以来となるJRA・G1制覇(通算7勝目)。セントウルS(カノヤザクラ)に続く今年6勝目(通算71勝目)。
○クロフネ産駒=05年朝日杯FS(フサイチリシャール)に続く2頭目のJRA・G1制覇。
 他重賞勝ち馬にオディール、ユキチャン、ホワイトメロディーなど、5頭中4頭が牝馬。

HOMEへ(PC版のみ)
1着エイシンデピュティ
▼内田騎手
「嬉しいです。応援してくれたファンの方々に感謝したいです。
 この馬場ならある程度前に行こうと思っていました。引っかかる所もないし、2000mにも実績があるので1ハロン距離が伸びても大丈夫だろうと思いました。
 直線では後続の足音が段々大きくなってきたので、粘ってくれと願いながら追ってました。ゴールした後は差されたかと思ったのですが、戻って勝ったと解りました。本当に馬が頑張ってくれました」

2着メイショウサムソン
▼武豊騎手
「これは届いたかと思っただけに直線での不利が痛かった。あれが無ければ・・・。着差が着差だけに残念なレースでした。馬は頑張ってくれたんですが悔しいです」

3着インティライミ
▼佐藤哲騎手
「やれることはやったと思う。馬は上手に走ってくれて上手く乗れたけど、あの不利がなければ・・・。不利は勝負ごとだから仕方ない」

4着サクラメガワンダー
▼福永騎手
「完全に失敗してしまいました。内が空いていたのに外へ行ってしまった。前回は重馬場というより、小回りが駄目だった」

5着アサクサキングス
▼四位騎手
「直線で他馬に迷惑を掛けてしまった。道悪は向かない 」

6着アドマイヤフジ
▼川田騎手
「いつもなら自分からスっと伸びてくれるんですが、今日はこっちが押して何とかあの位置という感じでした。3コーナーではもう手応えが怪しくなっていました」

7着エアシェイディ
▼後藤騎手
「いい状態で輸送もこなしてくれました。ただ馬場が悪くてノメっていました。やっとスタートに立てた感じですね。安田記念あたりから成長を感じますし、良馬場ならまだまだ大きいところを狙えますよ」

8着カンパニー
▼横山典騎手
「ちょっと距離が長かったかな。久々の分か、ちょっと反応もよくなかった」

9着ドリームパスポート
▼蛯名騎手
「いい感じで進められたけど、3コーナーではもう手応えが怪しくなっていた。まだ馬が本当にいい状態じゃないのかもしれません」

HOMEへ(PC版のみ)
1着ウオッカ
▼岩田騎手
「追ってからの反応が物凄く気持ちよくて、やっぱりさすがダービー馬だなと思いますね。昨日からの馬場状態もありますし、この馬の気持ちもありますし、枠順もあり、こういうレースをしようと思いました。
 追い切り自体が不良馬場ということでもうひとつだったんですが、やっぱり良馬場だとさすがです。
 4コーナーを回って迷わず、藤田さんの後につけましたが、一瞬で抜けてしまいました。頭が下がります。
 凄い加速力でしたから、もうついて来られないだろうと思っていました。最後までしっかり追いました。足音も聞こえませんでした」

2着アルマダ
▼サイズ調教師
「逃げ馬について行くようにという指示でした。うまく走っていたんだけどウオッカの脚は凄かった。調子が良ければ来年また来たい」

3着エイシンドーバー
▼福永騎手
「ウオッカは強かったね。荒れた馬場は得意でないのに3,4コーナーよく辛抱してくれた。枠も良かったし思った通りのレース。とにかくよく頑張ってくれた」

4着エアシェイディ
▼後藤騎手
「ウォッカ次元が違うよ。2着はあるかな?という手応えだった。前に目標がいなくなって走るのを止めてしまった。休み明けで叩いた方がいいタイプだし大分、成長してきているので今後が楽しみ」

5着スズカフェニックス
▼武豊騎手
「調教の動きも良かったし、期待して乗ったんですけど道中も良い感じだったがスパッと切れる感じがない・・・歯痒いなぁ…」

6着コンゴウリキシオー
▼藤田騎手
「昨年の出来にはなかったんですが、いいレースができました。あわや3着かと思った」

7着キストゥヘヴン
▼勝浦騎手
「直線でスムースさを欠いてしまった。ここに来て落ち着きが出ているし、レースで全能力を出せるようになったのでこれからもっと楽しみです」

8着スーパーホーネット
▼藤岡佑騎手
「残り1ハロンでいっぱいになってしまった。本当は2,3番手と思っていたが、スタートで遅れてしまったし、展開的にも苦しかった」

9着オーシャンエイプス
▼吉田豊騎手
「一瞬来るかと思ったけど最後は止まってしまった。まだこれからですよ」

17着グッドババ
▼シュッツ調教師
「あんなに負けるとは思わなかった。今日はいつものグッドババでなかった。体も減っていた。非常に興奮して汗もかいていてゲートの中から行きたがっていた」

HOMEへ(PC版のみ)
1着ディープスカイ
▼四位騎手
「本当に強かったですね。今日はプラス体重だったが調教はやることをしっかりやってきているので、これは本当にデキがいいんでプラス体重に現れていたと思いますし、実際返し馬に行ってからもいい感じだった。
 心配だったのは内が荒れているので、今日は1番枠にあたったんでその辺のコース取りをどうしようかと考えていた。
 ブラックシェルを見ながらブラックシェルが行けば下げようと思っていた、行かないなら僕が前に行こうと思っていたんですけど、むこうが出て行ったんで僕は下げて慌てないで。
 ゴーサインは4コーナー回ってフローテーションが行ったんでその後ろから外を回して、そこからゴーサインを出しました。
 去年も同じレースを勝たせていただいて、2年連続でダービーを勝てるとは思っていなかったんで。今日も競馬の神様が僕のところへ降りてきましたね。
 今日は1番人気でしたからそれなりにプレッシャーというのはありましたし、皆さんの期待にこたえられて良かったと思います」

▼昆貢調教師
「信じられないですね。馬に無理をさせてしまったんですけど、本当に力を発揮してくれて本当に感謝です。
 4コーナーで窮屈になったが上手く捌いてくれたので、馬の末を信じて見ていました。この馬は何でもクリアーしてくれるので凄い馬だと思います。(ディープスカイには)足を向けて寝られません」

2着スマイルジャック
▼小牧騎手
「勝ったと思ったよ、絶対。自分のペースで行けて勝ちパターンだった。向こう正面でハミをスッと抜けたのが1番良かった」

3着ブラックシェル
▼武豊騎手
「まともに挟まれ不利も大きかったし引っかかってしまった。最後伸びているだけにとても残念です。馬に申し訳ないことをしてしまった」

4着マイネルチャールズ
▼松岡騎手
「いろいろ自分が考えた中でも理想中の理想になりました。直線は行けると思ったが、最後は外から一気に来た勝ち馬が本当に強かった。お手上げです」

5着レインボーペガサス
▼安藤勝騎手
「向こう正面で流れが遅かったのでリズム良く走らせようと自分から仕掛けました。もうひと伸び欲しかった。以前よりは落ち着いて走れるようになっている」

6着フローテーション
▼藤岡佑騎手
「展開は良かったんですが、もう少し馬が力まずリラックスしていれば最後はもっと切れたかもしれない」

7着アドマイヤコマンド
▼川田騎手
「反応が前走ほどではなかった。それでも大きくは負けていない」

12着ショウナンアルバ
▼蛯名騎手
「道中の折り合いは完璧でした。後は弾けるだけだったんだけど伸び切れない辺りこの馬はマイラーなのかもしれない」

16着モンテクリスエス
▼福永騎手
「落ち着いていたしゲートもうまく出られた。でも最後はいっぱいいっぱい。デキは良かったが、馬場も力がいる状態でしたし、まだ力をつけているところなのかも」

18着サクセスブロッケン
▼藤原英調教師
「正攻法で乗ってもらってどこまでやってくれるかと思って見ていた。夢を追ったが残念。今後はダート路線で」

HOMEへ(PC版のみ)
1着トールポピー
▼池添騎手
「他の馬に迷惑をかけてしまったので申し訳ない気持ちなんですけど、勝つことが出来て良かったです。よく頑張ってくれました。
 今日はちょっと迷惑をかけてしまってすっきりした勝ち方ではなかったんですけど、また頑張って行きますので応援してください。ありがとうございました」

▼角居調教師
「力があるのはわかっていたが桜花賞では結果を出せなかったので。
 謙一くんがどこがコースで一番良いかずっと調べてくれていたみたいで、本当にその通りのコースを通ってくれましたので。迷惑を掛けながらでしたが良い結果が出たので、2歳の時に強かった馬が復活できてホッとしています」

2着エフティマイア
▼蛯名騎手
「まただぁ?。いい感じだったんだけどなぁ。道中折り合いもついてリズム良く行けた、状態は前走より更に良くなってったし苦手の道悪も我慢してくれたのに」

▼鹿戸調教師
「最後、馬体がぴったり合っていたらもう少し違っていたかもしれない。正々堂々と勝ちに行っての2着は価値がある。秋にはもっと成長します」

3着レジネッタ
▼小牧太騎手
「この馬の力は出せました。2コーナーで真ん中に挟まれてしまいチョット嫌だなと思った。ゲートも上手くいったし、とにかく力は出せました」

4着ブラックエンブレム
▼松岡騎手
「一瞬やったかと思った。競馬自体の内容は良かったけど、最後止まったのは距離かな。秋の2000mならもっと期待できる」

5着オディール
▼安藤勝騎手
「この距離でもいけるね。ここぞというところで前が閉まってしまった。余裕があるくらいだったから、もう少し早く突っ込んでいれば良かったかも」

6着レッドアゲート
▼内田博騎手
「自分の中では一番いいポジションが取れたと思う。リラックスして走れていい形になったと思ったけど、思ったより弾けてくれませんでした。いつもなら交わされてから反応するのに、今日はそれがありませんでした」

7着リトルアマポーラ
▼武幸騎手
「普通にスムースなレースができたのに首を傾げるくらい最後は伸びなかった。体調も良さそうだったのに、道悪が影響しているのかな」

8着ソーマジック
▼後藤騎手
「馬場を気にするところはなかったし、すごくいい感じだった。伸びかけた時にこられてしまった。この距離も少し影響した」

9着マイネレーツェル
▼武豊騎手
「不利がなければ分からなかった。直線でもの凄く切れてくれてひょっとしたらと思ったんですけどね。でも、そこで外から来られてしまいました」

HOMEへ(PC版のみ)
1着エイジアンウインズ
▼藤原英調教師
「作るのにボクだけの力じゃなくてみんな牧場・育成者、そしてうちのスタッフとオーナーの理解もあって全ての方が本当に願いを込めて出したレースですから、それで勝てて本当に嬉しいです。ウォッカが勝っても良かったんですがこっちも勝負ですからね、勝てて本当に良かったです」

2着ウオッカ
▼武豊騎手
「ゴール前で伸びが止まるレースが続いていたので今日はギリギリまで追うのを我慢したんだけど・・そして今日もね、いい脚できているんだけど、どうしても最後で止まってしまう。勝たなきゃいけないメンバーだったのに残念です」

3着ブルーメンブラット
▼後藤騎手
「絶好の位置でのレースで最後はこの馬が1600mというのがギリギリというのがあったのか、坂を上がってから上位2頭の力が上だった。でもいい内容でした」

4着ヤマニンメルベイユ
▼柴山騎手
「行く馬がいなければハナに行こうと思っていた。でもピンクカメオが行ってくれたのでレースはし易かった。直線は前と離されても踏ん張ってくれたし力を付けている感じ。前走は手前を替えなかったが今回はスムーズだった」

5着ニシノマナムスメ
▼吉田隼騎手
「ペースが遅くなると思っていたので、ある程度前の位置取りも考えていました。直線は思ったイメージで追い出せたけど上位馬の終いのキレに負けましたね」

7着ジョリーダンス
▼安藤勝騎手
「ペースが遅くなった分、終いが速くなりました。ちょっとモタモタした分、乗り切れなかったです」

8着ベッラレイア
▼秋山騎手
「伸びそうな感じはあったが最後は止まってしまった」

10着タニノハイクレア
▼的場勇騎手
「スタートで少し寄られて下げざるをえませんでした。もう少し前で競馬をしたかったので、それが最後まで響きました」

11着レインダンス
▼武幸騎手
「この間よりずっと良くなっていたけど、まだ踏ん張れない。考えていた通りのレースはできたけど。この春では一番頑張っていたけどまだ先かな」

HOMEへ(PC版のみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。